エアコンの設定温度と室温は一致しない! ― 温度計を何個かおいてみよう

| コメント(0) | トラックバック(0)

[個人ブログから転載します.]

エアコンの設定温度は 28 ℃ にしようとか,エアコン運転時の室温は 28 ℃ にしようとか,だいぶまえからいわれてきているが,いまだにあまり,まもられていないようだ. 28 ℃ ではあつすぎてダメだということもあるだろうが,リモコンでの設定温度を 28 ℃ にしたからといってそのとおりにはならないというのが,そのおおきな理由なのではないだろうか. いろいろくふうして,温度をはかって効果をたしかめてみるとよい.

Shinwa72590.jpgShinwa48792Gray.jpgエアコンを効率的につかうには,風量は強がよく (自動でもよいが,すくなくとも弱はさける),風向きは水平にちかくするのがよいとされている. 風量がよわかったり風向きが下になっていたりすると,温度むらがおおきくなる. エアコンちかくの床はつめたくひえて,きもちがいいかもしれないが,これでは設定温度を 28 ℃ にしたとしても,節電・省エネにはならない.

さらに,最近では扇風機と併用するのがよいといわれている. エアコンのファンだけでは十分に空気が循環しないので,ひやしたいところがうまくひえないことがある. 扇風機をつかうことによって,ひやすべきところに冷気をおくることができる.

しかし,これだけの対策をとってみても,温度をはかってみないと効果はよくわからない. 写真のようなやすい温度計 (写真はシンワの7259048792) で十分なので,へやのなか何カ所かに温度計をおいて,温度をはかってみよう. この状態で,温度が適切になるようにエアコンの風向きをどちらにするか,扇風機をどこにおくかなどをきめればよい. ばあいによっては湿度計もおいてみるといいかもしれない.

関連項目:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://east-japan-quake.info/mt504/mt-tb.cgi/4344

コメントする