被災地の事業者に投資するためのしくみ

| コメント(0) | トラックバック(0)

おもにミュージシャンに個人の資金を提供してきた Music Securities は被災地の小規模事業者に資金を提供するためのファンドを運営しています. まだ参加しているのは 6 事業者だけだが,今後に期待したいとおもいます.

震災復興のための資金調達のひとつの案は増税です. しかし,とくに一般国民への増税は経済を悪化させて逆効果になるという意見がつよいようです. もうひとつの案は国債だが,国民のなかに国債を買う資金をもっているひとがいるにもかかわらず,その資金を国が借金して復興資金にしなければならないというのは,腑におちません. 国民や企業がもつ資金を投資というかたちで復興にまわすことができるとよいでしょう. そのひとつのかたちがファンドです.

企業のばあい,国債に相当するのは銀行からの借入金や債権です. これらを発行することは企業の経営をむずかしくします. それに対して,株にちかい性質をもったファンドであれば,経営を安定させるということができるでしょう.

関連ページ (個人ブログ): 「震災復興のために株のようなものを発行できないか?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://east-japan-quake.info/mt504/mt-tb.cgi/4306

コメントする